熊本地震により被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。
皆さまの一日も早い復旧をお祈り申し上げますとともに
私たちが建築設計事務所として、
復旧・復興のためできることに全力で取り組んで参ります。

被災建物・既存建物をお持ちのお客様へ

被災度区分判定
地震による被災建物の継続使用をご希望で、適切に復旧されたい場合にご依頼ください。
建物の損傷状況を調査し、補修・補強工事や詳細調査の要否が判断できます。
耐震診断
地震による被災建物の復旧計画を作成する場合や、既存建物が古い場合(1981年以前)などで、
耐震性を確認したい場合にご依頼ください。
建物の耐震性能を確認します。
ご依頼に応じて耐震補強案及び概算工事費等も検討できます。
耐震補強設計
耐震診断の結果、耐震性能が不足していると判断された場合にご依頼ください。
補強設計では、目標とする耐震性能、建物の設備や使い勝手、
耐震改修工事の費用、工期など様々なことを考慮して計画します。
補助金申請・
融資申込資料作成
建物の建替え・補強・改修に必要となる設計関係費用や概算工事費の見積書、
図面及び関係資料の作成は無料で行います。

通常業務

設計業務
建物の新築・増築・建替え・改修などに係る、基本計画・基本設計・実施設計・構造計算及び工事に必要な各種申請届出を行います。
工事監理業務
工事が設計の通り施工されているかを建築士が確認します。
工事期間中に建物の構造検査(杭・鉄筋・コンクリート工事など)や設備などの検査を行います。
当社では杭工事の施工において、全数支持層到達の確認を現場にて立会い検査します。

事業内容

建築はそれに携わる方々の想いや夢を形にすること、今はないものを創りあげていくことです。
これから現実化する建物の運営者、利用者など様々な視点から、安心・安全で快適な空間を提供できるよう最後までサポートして参ります。
まずはお客様の描いている想いや夢を教えてください。初めは漠然としていてもコミュニケーションを重ねることで少しずつ具体化させていきますのでご安心下さい。

設計は

  • 檪設計(いちい設計)は、事務所、店舗、工場、倉庫や福祉施設(保育所・老人ホームなど)事業用施設の設計・工事監理を行っています
  • 高い品質管理(デザイン・防火避難安全性・耐震構造安全性)を確保した設計・工事監理を行っています
  • 諸条件(要望・予算・敷地など)を満たすプラン+αをご提案します

物を計画中で

  • 事業計画の組立をしている
    (建物規模・予算・スケジュールなど)
  • どのような建物になるかイメージが固まっていない
  • どのような手続きが必要か
  • 設計や工事の発注をどうするとよいか

チェックマークに当てはまる方、お悩みの方はお問い合わせ下さい。

客様の
業務低減のため

  • 施設の新規開業やリニューアルに伴うホームページ無料で作成します(しかも単なるホームページづくりではありません・・・)

    ホームページ制作例はこちら

  • 老朽度調査や補助申請書類、保健所等への許認可書類を無料で作成します
  • 金融機関・福祉医療機構などへの融資申請書類を無料で作成します

設計の流れ

STEP 1
お問い合わせ

FLOW

まずはお気軽にメールかお電話でお問い合わせください。
ご都合のよい日にご相談を伺いに参ります。
(当社事務所に来ていただくこともできます。)

ADVICE
POINT

計画内容が漠然としていても大丈夫です。 ご相談して頂くことで、何が必要かなどが見えてきます。

STEP 2
ヒアリング

FLOW

現在ご計画の概要をお聞かせください。
敷地、予算・資金計画、工程計画や建物規模・デザインなどの具体的な提案をご準備します。

ADVICE
POINT

営業許可・補助申請や融資申込に伴う書類作成や、開発許可申請もお任せください。
ご契約前でも事前協議などに対応いたします。

STEP 3
プランのご提案

FLOW

  • 敷地条件・法的諸条件の調査
  • 基本計画案(平面・外観)
  • 工程計画案(完成までのスケジュール)
  • お見積り(設計費・概算工事費・その他必要な費用)
  • 基本計画は初回提出から数回の打合せ・修正をし、条件・ご要望に合う内容にまとめます。
  • ご契約までは費用は掛かりません。

ADVICE
POINT

設計、工事、その他の計画に伴う必要な手続き、それらに要する期間や費用などをご報告しますので、事業計画のたたき台が出来上がります。

STEP 4
ご契約

FLOW

プランが概ねまとまりましたらご契約となります。

ADVICE
POINT

ご契約後にも計画の修正・変更に対応していきます。
ご遠慮なくお申し付けください。

STEP 5
基本設計

FLOW

  • 条件、ご要望の整理
  • 調査(測量、地盤調査など)、行政協議
  • 設計方針の決定(平面、外観)
  • 各種計画(防火・避難計画など)の策定

ADVICE
POINT

打合せの中で見えてくることも多くありますので、遠慮なく設計士に伝え、設計には十分に時間をかけ、納得のいく設計内容にしていきましょう。

STEP 6
実施設計

FLOW

  • 設計図、詳細図の作成
  • 設備機器などの選定
  • 工事費の予算書の作成(補助事業などで必要な場合)
  • 建築確認許可申請、その他手続き・届出

ADVICE
POINT

並行して新しく購入される備品や機器のリストアップも行いましょう。

STEP 7
工事会社の決定

FLOW

  • 工事会社を数社選定します。
  • 入札や見積りによって工事会社を決定します。

ADVICE
POINT

お客様とお取引のある業者、または当社から信頼できる業者をご紹介して工事会社を選定して頂きます。
入札業務もお任せください。

STEP 8
着工

FLOW

  • 工事監理業務開始
  • 起工式
  • 基礎工事

ADVICE
POINT

工事監理業務とは、設計図書に基づいて工事が適正に行われているか、建築士が工事を監督する業務です。(建築士法)
杭工事など主要な工程を、当社建築士が立会いや検査を行います。

STEP 9
建物本体工事

FLOW

  • 建物フレーム工事
  • 内外装、設備工事

ADVICE
POINT

当社が鉄筋の配筋検査などを行い、建物の品質を確保します。
内装・外装材や設備機器の見本を確認して頂きながら工事を進めて行きます。

STEP 10
竣工、各種検査

FLOW

  • 工事会社の社内検査
  • 設計事務所の検査(当社)
  • 建築・消防などの行政検査
  • お客さまの完成検査

ADVICE
POINT

すべての検査に合格しましたら、建物のお引き渡しとなります。

STEP 11
お引き渡し
建物の使用開始

FLOW

  • 鍵、保証書、その他工事書類の納品
  • 各設備の取扱い説明

ADVICE
POINT

建物の登記などもご相談ください。

お引き渡し後
アフターサービス

FLOW

  • 法定点検のご案内
  • アフターメンテナンスの対応

ADVICE
POINT

不具合が発生した場合も迅速に対応致します。